横須賀軍港めぐりツアー

横須賀軍港めぐりツアーに行ってきました。
横須賀は広島県の呉と並び明治の頃からの軍港で、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」の主人公の一人である秋山真之海軍中将の縁の地でもあります。
秋山真之と言えば日本海海戦での丁字作戦で有名ですよね。
ということで、今回は秋山真之ゆかりの横須賀軍港めぐりツアーをご案内します。

横須賀軍港めぐりは観光船で50分かけて横須賀の軍港をグルッと一周してくるツアーで、予約をしないで当日券を買うと長蛇の列に並んだり、最悪の場合満席で乗船できない事もある超人気ツアーです。

コースは横須賀本港から右手に海上自衛隊の潜水艦や米軍の艦船を、左手に海上自衛隊の艦船を見ながら、一旦、外海へ出てから長浦湾に入り、長浦湾では掃海船などを見て新井掘割水路を抜けて右手に海上自衛隊の艦船を見ながら船乗場に帰ってきます。
下のMAP参照

実は、この横須賀軍港めぐりは世界的にとても珍しいツアーなんです。
と、言うのも軍事機密である潜水艦、イージス艦、空母などを横付けするが如く、間近で見られるのは横須賀軍港めぐりしかないのです!
で、オススメの乗船方法は客室にいないでデッキに出て見る!です。
潮風にあたりながら、見る艦船はスゴイ迫力ですよ(^^

私の行ったときは、米軍のイージス艦「ジョン・S・マケイン」と「フィッツジェラルド」と空母「ジョージ・ワシントン」が停泊していました。


「ジョン・S・マケイン」


「ジョン・S・マケイン」と「フィッツジェラルド」


「ジョージ・ワシントン」

時間があったら、ぜひ横須賀軍港めぐりツアーに参加してみてくださいね(o^‐’)d
あと、近くには東郷平八郎や秋山真之が旗艦として乗船していた戦艦三笠が三笠記念館として保存されてありますので、横須賀軍港めぐりとセットで行くのをオススメします(^^

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ 
にほんブログ村

旅行・観光 ブログランキングへ

豪華客船オススメ情報!

前回、前々回のブログで豪華客船の旅は意外に費用対効果が良い旅ですって事を書きましたが、今回はこれからのオススメのクルーズをちょっとだけ紹介したいと思います。

まずは、ぱしふぃっくびぃなすからご紹介!

4月27日発の『ゴールデンウィーク奄美大島・屋久島5日間』のコース!
4月27日に羽田から飛行機で那覇空港(15:00まで着)に飛んで那覇港から、ぱしふぃっくびぃなすで出港!

4月28日、皆さんが寝ている間にぱしふぃっくびぃなすは奄美大島に到着!8:00入港!
これが豪華客船は洋上の動くホテルと言われる所以です。移動時間の無駄がありません(^^)
奄美大島上陸後、地元の方の歓迎イベントやオプショナルツアー、フリーでお楽しみ頂きます。
18:00に奄美大島を出港!次の目的地、屋久島へ

4月29日、8:00に屋久島に入港!
屋久島にてオプショナルツアー、フリーでお楽しみ!世界遺産の屋久島で貴重な体験を(^^)
17:30、屋久島を出港し、4月30日神戸を経由して、5月1日横浜に入港。下船後解散です。
もちろん、飛行機代も含まれます。
ドレスコードは全日程カジュアルです(^▽^)

料金は、なんと!2名1室でお1人様、164,000え~~~~ん(トーカ堂テレビショッピングの北さん風味)から。
お子さんとの想い出づくりにも最適なクルーズです。

 

 
続いて、にっぽん丸のオススメツアー!

まずは、8月1日の『横浜ワンナイトクルーズ 』
乗船時間は、16:00~17:00!
乗船後は、フルコースのディナーと西城秀樹のスペシャルなエンターテイメント!
アラフィフの西城秀樹ファンならずとも必見です。
22:00に港町・横浜の夜景をバックに出港後は伊豆大島、新島、神津島を周って、翌2日の10:00に横浜に帰ってまいります。
料金は、2名1室お1人様、48,000円から。

 

にっぽん丸でもう一つご案内したいコースが!
7月6日の『にっぽんの楽園クルーズ2012~屋久島・徳之島・沖永良部島・那覇~』8日間のコース
7月6日横浜を出発、神戸経由で7月8日屋久島へ
屋久島ではにっぽん丸オリジナルツアーなどのオプショナルツアーやフリーでお楽しみ!
7月9日徳之島、7月10日那覇、7月11日沖永良部島と周り、オプショナルツアーやフリーでにっぽんの楽園を満喫!
船内では、世界的なサルサバンドの『オルケスタ・デ・ラ・ルス』の迫力のステージを見たり、『にっぽん丸オープンカレッジ』にて趣の異なる島々の食や文化を学んでみたりと盛りだくさんのイベントが!
7月12日は終日航海なので日中の青い大海原を目の当たりにして、7月13日に神戸にてクルーズを終えるコースです。
料金は、2名1室でお1人様、310,000円から。
絶対オススメです(^▽^)

 

 

おおとりは、飛鳥Ⅱの『2013世界一周クルーズ』105日間の船旅!
「今から来年の話かよ。鬼が笑うぞ」などと言うなかれ。
今から予約を入れないとツアーに参加出来ない超人気の企画です!
2013年4月3日横浜出港、2013年4月4日神戸発で、7月16日横浜着、7月17日神戸着のロングクルーズです。
105日間のクルーズのオプショナルツアーなど書くと、読んでる方が飽きてくるので、とりあえず寄港地だけ・・・横浜/神戸を出ると、シンガポール、サンドニ、ケープタウン、ウォルビスベイ、ダカール、カサブランカ、バルセロナ、ナポリ、ベニス、ドブロヴニク、イスタンブール、ピレウス、ミコノス、リスボン、ボストン、ニューヨーク、キーウエスト、プラヤデルカルメン/コズメル、クリストバル、パナマ運河通行、アカプルコ、ホノルルと立ち寄り、横浜/神戸に帰ってきます。
ネッ!寄港地を読むだけでも飽きてきたでしょ?
でも凄いのは、寄港地の羅列を読むだけでも飽きるほどの長旅なのにクルーズはまったく飽きさせることが無いってこと。
本を持ち込んでゆっくり読もうとした人が、本を読む暇がなかったってぐらいに内容盛りだくさんなんです。
みなさん、日本一のロングクルーズはいかがですか?
料金は、2名1室早期申込み割引旅行代金でお1人様、3,900,000円から。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ 
にほんブログ村
 
旅行・観光 ブログランキングへ

豪華客船の旅パート2

豪華客船の旅パート2ということで、前回の続きです(^▽^)

日本には豪華客船が4隻あります。
前回、紹介した郵船クルーズの飛鳥Ⅱと、商船三井客船のにっぽん丸とふじ丸、日本クルーズ客船の ぱしふぃっくびいなす、の4隻です。
このうち、ふじ丸はチャータークルーズ(貸切)船なので、青少年の船や国際交流船や貸切ツアーなどに利用されているので、一般的な募集でクルーズを楽しめるのは、飛鳥Ⅱと、にっぽん丸と、ぱしふぃっくびいなす、の3隻ということになります。

日本の豪華客船は、海外の豪華客船と違い日本人にあったサービスを提供しています。
例えば、「お風呂はシャワーだけじゃなく、足を伸ばしてゆっくり湯船に浸かりたい!」というニーズに応えて大浴場があったり、日本人のソウルフード「和食」があったり、日本語で話が通じたり、チップがいらなかったりします(^^)
あと海外の豪華客船との違いは、どの日本の豪華客船も料金の違いは部屋の広さの違いだけでルームの違いでサービスが変るってことが無いこと、カジノが無いこと(日本船籍なので船内は日本の法律に準ずることになっているからカジノはNG。でもゲームとして遊べるカジノ風な施設はあります。)、フォーマルよりカジュアルを重視していることなどの違いがあります。

さて、次に飛鳥Ⅱと、にっぽん丸と、 ぱしふぃっくびいなすの特色を簡単に説明すると、

飛鳥Ⅱ
◎ ブリッジやエンジンルームの見学ツアーがクルーズの中であったりします。
◎ プロダクションショーなど本格的なショーが催されたりしています。
◎ 夜食がある。(ニッチな気遣い)
◎ ケーキ食べ放題!\(^o^)/バンザーイ
◎ ロングクルーズ、ミドルクルーズが多いので船旅上級者?向け。もちろんショートもあります。
◎ リピーターが多い。
◎ フォーマル度はちょこっと高め。

にっぽん丸
◎ 飛鳥Ⅱ同様ブリッジやエンジンルームの見学ツアーがクルーズの中であったりします。
◎ ゲストショーが多め(^▽^)たま~にレアな船グッズの販売やオークションがあるらしい・・・
◎ ショートから45日間ほどのロングクルーズまで幅広く網羅されてます。
◎ 船マニアに大人気!!
◎ 船旅中級者?向け。
◎ フォーマル度はやや低め。

ぱしふぃっくびいなす
◎ ブリッジの見学はあるけどエンジンルームはNGです。
◎ プロダクションショーをやってます。
◎ 食事の量が多いらしい。
◎ ショートクルーズが結構多い。
◎ 若いお客さんが多いらしい(^▽^)
◎ 船旅初級者?向け。
◎ フォーマル度は低め。

豪華客船の旅をお考えの方はご参考までに・・・(^^)

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

豪華客船 飛鳥Ⅱ

船旅って優雅で1度はやってみたい旅なんですよね。
ってことで、日本船籍で安心して乗れる豪華客船飛鳥Ⅱのクルーズを紹介します。
飛鳥Ⅱは、横浜港に船籍を持ち郵船クルーズ(株)が運航する豪華客船で、リピート率がナント7割にのぼる日本を代表する豪華客船です。
世界一周からワンナイトクルーズまで様々なニーズに応えて運航している飛鳥Ⅱですが、なんと面白い事に料金が高い部屋から予約が埋まっていくんです。
リピート率7割で、料金の高い部屋から予約が埋まっていくって事が飛鳥Ⅱでの船旅の素晴らしさを物語ってますよね。
ウィキペディアによると、飛鳥に1700泊もされて、今もなお記録更新中の猛者もおられるそうです。

ちなみに、ワンナイトクルーズは「50.000円/1泊2名乗船で1人あたり」から、なのでちょっと頑張れば乗れるかな?って金額。
105日間世界一周は、早割りを使えば「3.900.000円/104泊2名乗船で1人あたり」から、なので定年退職記念に日頃苦楽を共にしてきた奥様にお礼を兼ねて二人の想い出づくりに、ということなら是非お勧めしたい旅行です。
ちょっと高いような気がするかもしれませんけど、食事やプール、テニスコートなどの施設利用、カルチャーに豪華なショー、パーティーに至るまで、全部料金に含まれているんです。
なんと、間食やティータイムのケーキや、夜中お腹が空いた時の夜食まで!!
ただひとつ残念なことは、アルコール類と炭酸飲料、エステ、クリーニングなどは別料金なんですが・・・(^^;

飛鳥Ⅱでの船旅は、移動手段、ホテル、リゾート、食事すべて込みで!って考えたらかなり費用対効果の良い旅行でお勧めすよ。

飛鳥Ⅱの船旅に行ってみたい方、興味がある方は、ご案内、ご説明しますので、気軽にエヌジェイツーリストまでご連絡くださいね(o^-’ )b

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

面白い地名パート1

全国には変わった地名がたくさんあります。

今回は高知の地名を紹介します。

龍馬人気でどこに行っても観光客で溢れていた一昨年までの

フィーバーも何処へやら、例年通りに戻っています。

僕は毎回訪れる度に、高知市内を走る路面電車『土佐電気鉄道』を

見るのが楽しみです。

アンパンマン車両やポルトガルやノルウェー・ドイツからきた外国の車両、

バリヤフリーや環境にやさしい最新型の『ハートラム』まで数多くの

車両を見ることが出来ます。

日本一古く・路線が長い路面電車が『土電(とでん)』です。

『都電』と間違えてしまうので、『土佐電』とも言います。

4路線運行していますが、その内の1路線が

変わった地名となっています。

御免線の終着駅が『御免(ごめん)駅』!

悪いことをしていないのにごめん。

もちろん車両にも『ごめん』の文字が書かれています。

しかも、反対の路線には伊野線『伊野(いの)駅』があるので、

『ごめん』と謝り『いーの』と許す、思わず微笑んでしまいます。

はりまや橋周辺で見かけられます。

是非高知に訪れる際はみつけて下さい!

 

松島遊覧船

松島遊覧船。松島に訪れた方は一度は乗船してると思います。

観光の目玉で、日本三景松島を船から見学できる遊覧船です。

『丸文観光汽船』あまり聞き覚えがないとは思いますが、

現在、『丸文観光汽船』が唯一遊覧船を営業している会社です。

ゴールデンウィーク中に松島の観光がリスタートしましたと、

ニュースで見た方もたくさんいると思います。

その会社が『丸文観光汽船』です。

壊れた海苔や牡蠣の養殖筏、たくさん海に浮かんだゴミを、

『丸文観光汽船』が回収して営業再開しました。

現在では、気仙沼から大島の航路も行っています。

宮城を海から救ってくれた会社です。

遊覧船に乗船すると松島の説明の他、震災の話をしてくれます。

もちろん船内では【かっぱえびせん】が売られ、カモメの餌として、

現在でも販売中です。

その他、今年の春先までの在庫で海苔や牡蠣の佃煮などが、

販売されています。

特に牡蠣の佃煮は絶品です!

在庫がなくなり次第の販売中止の商品です。

是非ご乗船の際は、『丸文観光汽船』船内でお買い求めください。

養殖も再開されていますが、

来年の10月までは出荷できません。

乗船しないと買えませんよ!お早めに!

 

はやぶさ!

『はやぶさ』に乗って青森・函館の旅に同行してきました。

3月に『はやぶさ』導入後、震災後の影響でなかなか正常ダイヤに

戻れなかった、東北のエース『はやぶさ』。

人気はゆったりしたシートと振動の少ない車両。

全席指定席の新幹線です。

朝一出発の『はやぶさ1号』がホームに到着。

カメラを持った乗車客でまるでアイドル扱いされています。

記念撮影のオンパレードでしたが、

仕事を忘れて1枚パチリ。すっかり大興奮!

定刻時間となり出発しました。

車内は満席でしたが、満席とは思えないゆったり感。

前席でリクライニングシートを目一杯倒しても、

気にならない作りに感動!

振動もまったくありません!

乗り心地の感想は一言『最高です!』

あっと言う間に新青森駅へ。

導入されている『はやぶさ』の車両の後期モデルも、

今後大活躍するのは間違いありません。

時間もさらに10分程短縮するようです。

是非一度『はやぶさ』に乗車して下さい。

冬の青森は味覚もバッチリ!料金も低価格で、

狙い目ですよ(^_^)/

 

防災体験!

昨年オープンした。東京臨海防災公園に行って来ました。

災害時に指令本部を置くを目的に作られた施設です。

ここでは、いろいろな防災の知識が学べます。

専門スタッフからの案内を受けながら、私たちは見学。

施設の説明を受けながら、この施設のイチオシ体験、

『東京直下72hツアー』へ参加しました。

入り口でニンテンドーDSを渡され、ツアー開始。

震災が起きた直後から、どうしれば生き延びていけるかを

体験するのです。

DSからは問題が出題され、それに答えていくとゴールに到着します。

体験をする問題は10問ですが、

すべての問題を集めると50問用意されているそうです。

必死に質問を考えながら回答。

100点満点の90点を取ることが出来ました。

お客さまの中にはお一人だけ100点満点がいましたが、

皆さん楽しそうに体験をしてくれました。

震災の時に役立ちますので、是非お試しを(^_^)/

帰りにお土産も頂けます!

*有料体験となります。事前に申し込みをして下さい。

 

ソレイユの丘・・・

ソレイユの丘でパン・バター作り体験の添乗をしてきました。

まずはパン作りからスタート。

手を洗い、パンの材料を分けて、粘土工作のように、形を作ります。

猫や犬・ミッキーマウス・象などそれぞれ個性のある作品が、

作られていきます。

番号札が書かれているので、どのパンが自分のものか、

ちゃんとわかるようになっています。

そのパンを釜に入れて焼き始めます。

乾燥の時間もあるため、30分も時間があるので、

その間にバター作りを行いました。

容器が配られ、その容器をひたすら上下に振ります。

いっせいに容器を振る姿はかなり面白い光景になっていました。

一緒にバター作りを体験。

上下に振ること7~8分バターが完成しました。

そして待つこと15分。

パンが出来上がりました(^_^)/

いい匂いが体験教室の中に充満しています。

こんがり焼けたパンの完成です。

それぞれお客様の手元に戻ったパン。

写真を撮りながら皆さんニコニコでした。

先程作ったバターと焼きたてのパンを皆さん頂いていました。

おいしい笑顔に体験教室が包まれていました。

どのテーブルに移動しても『おいし~い』と評判でした。

しかし、私は残念ながら、おすそ分け頂けずパンは

食べれませんでした。でもバターをおいしく頂きました。

90分で笑顔になれる体験!

是非お子さんやお孫さんを連れてお出かけ下さい。

今回参加してくれたお客さまへ。

朝からトラブルで大変ご迷惑を掛けましたが、

最後まで笑顔で旅行に参加して頂いてありごとうございました。

 

 

うちわ作り体験~

今回はうちわ作り体験をご案内します。

長野県長和町で紙漉き体験を行いました。

もともと農家の副業として、障子紙を作っていたのが始まりで、

300年の歴史がある和紙の村で、立岩和紙を保存するため、

学生や旅行客に体験が出来るように工房が建てられました。

当時の作り方をそのまま体験できる貴重な施設です。

それでは体験の内容を紹介します。

まずは、先生が紙漉きの実演を見せてくれます。

木枠の中に原料を入れ、前後・上下に動かします。

2回同じ工程を繰り返し水が切れるまで木枠を動かします。

その上に、うちわの骨の部分を置き、ここから絵付けを始めます。

先生は簡単そうに絵を描き始め、すぐに完成。

それを見つめるお客さまも一瞬にして職人の目に変身。

ここからお客さまの体験スタートです。

今回は社員旅行で毎年体験をしているお客様との旅行でした。

幼稚園に通っているお子ちゃまから、

社長まで、実に幅広い年齢差がある体験となりました。

子供たちは見よう見まねで木枠を動かしています。

上手に前後・上下と動かし、うちわの骨を置く作業に入りました。

ここが難しいと思って見ていると、手が和紙の上に・・・

先生が突貫工事で修復いよいよ絵付けです。

それぞれの個性が出る絵付けですが、皆上手に仕上げていました。

なかには、ピカソやゴッホの絵に似ている作品も・・・

乾燥させてからうちわが郵送されるので、完全な作品では、

ありませんでしたが、かなりの出来栄えでした。

うちわ作りの体験のほかにも、

ランチョマットやはがきも作ることが出来ます。

近くを通った際には是非挑戦をしてください。

そして今回もご利用頂きありがとうございます。

来年はどんな体験をしましょうか!